山口真帆のMUTEKIデビューは絶対だと思っていたんだけど、どうやら違う展開になりそうなんだな。

整形外科のゆる医ブログのコメントで、山口真帆は芸能界で生き残れる可能性があるというのがあったんだけど。

SNSにより自分で情報を発信してファンを集めて生き残るパターン。

俺はコメントの人が言っているような展開での生き残りは絶対にないと思っていた。
研音が、バーニング、ホリプロ、渡辺プロダクション=ワタナベエンターテイメントに強い対抗意識を持っているのは、この世界では常識だという。だからこそ研音は音事協と距離を置いているわけだ。
 

芸能通ではないから知らなかったけど、研音ってのは超大手事務所で、バーニング、ホリプロ、渡辺プロダクション=ワタナベエンターテイメントとバトルをしているって事なんだね。

政治力学的に言えば、山口真帆が芸能界で生き残る可能性はこれで十分に出てきたね。

面白い展開になってきたね。

なんでルールに文句を言うんだ?パート2で中井りかの方が山口真帆なんかより全然可愛いと書いたけど。

どうやら研音的には、山口真帆は悪の帝国であるバーニングなどと戦える逸材だと判断したんだな。

山口真帆の女優デビュー作のでき次第で勝負が決まりそう。

バーニングとホリプロと渡辺プロダクションの悪の三国同盟と、オタクや中二病と同盟を結んだ正義の研音との戦い。

米中経済戦争みたいでどちらが勝つか誰も分からない。

研音だって山口真帆の女優としての資質を完全に把握しているわけがないんだからな。

それでもどちらが勝つかと聞かれれば、研音の勝ちを予想します。

なぜなら、そちらの展開の方が面白いから。

おわり。