若者に今の貧困高齢者の負担を強いるのではなく、同じ高齢者で裕福な人間にその負担を強いれば良いだけの話。

その方法論はいろいろあると思うけど。

俺がお薦めしたい方式は相続税方式。

ある年の貧困高齢者対策費が1兆円かかったとして。

75歳以上で死んだ全員の遺産から均等割で徴収する。

単純計算で100万で済む。



img_8be1e5c383adef52fb04488a80e8f9b31500916
国家予算


さっき1兆円と言ったけど、もう少しだけ正確に計算をしてみると。

社会保障費の1割で3兆円としましょう。

日本では毎年100万人が生まれて、100万人以上の人間が死んでいるので人口減少社会になった。

75歳以上で死ぬ人間を単純に100万人と仮定。

3兆円÷100万人で一人300万の相続税で基礎控除はなし。

名前は高齢者限定相続税。

もちろん、今までの相続税は当然払う必要はある。



この程度の事が実現できて初めて日本は真っ当な国だと若者は思えるのでは。

正義なんかは個人の数だけ存在するけど、日本に正義があると幻想を持てるためにはこのぐらいは必要なのではないでしょうか。

これ以上、現役世代の高収入の人間からの強制年貢方式は止めてもらいたいです。

金持ちの家に生まれたらそれだけで勝ちが確定、貧乏人の家に生まれたら負けが確定。

そんな国に未来があるとは到底思えません。

おわり。