今年になってから1000万円ぐらいはドルに両替している。

最近は円安が続いていたのでドルに替える機会を逸していた。

ドルコスト平均法も一つの方法論だけど、円高来そうな予感がしていたので待っていた。

まあ不動産が暴落したらすぐに買えるように準備していたんだけど、不動産暴落まではもう少し時間がありそうなのでドル円比率は時の流れに身をまかせております。

105円も十分にあり得るし。

100円を切ることも十分に考えられる。

何度もブログで書いているけど、準公務員である医者の人的資本は円建てだからね。

円建て資産一本足打法よりは、バランス型のほうが良いと思うよ。



日米安保条約の見直しまでなくても、10年スパンで考えると最後の円高かもよ。

おわり。