やはり商業地域や近隣商業地域のポテンシャルの高さを改めて実感しています。地価は高いですが、いい立地の物件はツブシが利くのです。




住居に関しても、所有する時代から利用する時代へ。

家余りの時代になってきています。

住宅地としてその価値を維持できる地区は本当に一部だと思うよ。

表参道の近くの土地が坪800万とか1000万する理由はステータスではなく、その土地が生み出す金が源だと思うよ。

「第二種低層住居専用地域」としても、実際は店舗として賃料が入ったり、駐車場の時間貸しで賃料が入ったりすることがその価値の維持に貢献している。

一方、かつての高級住宅街の代名詞である田園調布や成城や芦屋などはどう?

その場所を住宅として貸し出す以外にその土地が金を生むことがあるの?

家が余ってきたら?

特に不動産に構っている時間はないが安定的な収益を確保したい方には是非検討していただきたい投資方針だと思います。

商業地なら何処でも良いとは言わないけど、街自体が死んでいない地区の商業地こそが金の卵を生む鶏だと思うよ。

医者なら高くてもそれを狙いにいかないと。

片手間にやるからこそ立地には拘らないとね。

一般的な住宅地のマイホームは所有より利用するので十分だと思うよ。

おわり。