政界からも、財界からも、そしてテレビ局からも放逐されたような人々が、N国党という最後の砦に群がるさまは、まるで敗残兵による梁山泊のようだ。

確かにN国党ってのは気持ち悪い感じだね。

N国党の戦術は今まで左翼が自民や経団連に対してやっていることと同じなので、やられる側としては嫌なんだよね。

既得権益側って意味で捉えて貰えば、医者とか医療界もこの手の戦術でゴリゴリ押されるのが一番嫌でしょ。



韓国のやるような戦術と言ったほうが理解しやすいかもしれないけど。

ただ、既得権益側にも既得権益側の後ろめたさがあるんだよ。

今はなくなってしまったけど、製薬会社からの医者への飲食の接待。

あれもどう考えても正当性がないからね。

一方、製薬会社から協賛金という名目のお金。

それがあるお陰でギリギリ回っていた部分までなくなってしまった。

話を戻すけど、梁山泊に集まった落武者にとっては弱者の戦略を使って最期との戦いに挑もうとしているんじゃないの。

左翼がある一定数の支持を得るように、敗残兵による梁山泊もある一定数の支持を得る可能性は高いよね。

トランプ大統領がプアホワイトに支持されたように、敗残兵による梁山泊もプアジャパニーズに支持されると思うけどね。

維新の会を支持するか、N国党を支持するのかはネトウヨでも支持が割れるんだろうけどね。

ちなみに俺は既得権益側の人間だから、当然自民党を支持するよ。

投票所には行かないけどね。

おわり。