投資は自己責任って言葉はよく聞くと思うけど。

投資だけではなくて、自分で決断したことは全て自己責任だよね。

ある若手の先生と話していて、アメリカ不動産投資の話が出てきたんだけど。




自分の中でアメリカ不動産投資を検討して止めた経過があるので、大丈夫なのかと思ったんだけど。

投資なので最終的に成功するか失敗するかは誰にも分からないんだけど、ちゃんと全体としての人生プランが整合性が取れていたな。

俺は投資スタイルよりもこの全体としての整合性が取れているかどうかのほうが重要だと思っている。

例えば、自分はビジネスではリスクを取る人生プランを選択することを決断。

だから、嫁さんはブスでも女医にしておくとかね。(アメリカ不動産投資をやっている先生の相手は超絶美人らしいです)

それが一番重要だと思うよ。

一方、話を聞いていると投資自体のプランは問題ないんだけど、全体としてのバランスが悪い先生もいる。

築古物件投資自体は問題ないんだけど、その先生のバックグラウンドによって築古をやることが正解かは違ってくるじゃん。

それは自分の頭でシミュレーションをするしかないんだけどね。

ちなみに俺は築古をやらない。

勿論、不動産投資の練習としてやるってのはありだし。

アメリカ不動産投資をやっている先生みたいに、築古で節税できる効果は限定的だからアメリカ不動産投資でガッチリ節税するってのもありだし。

築古が最善解の先生もいると思うよ。毎年一軒づつやっていき減価償却が終わったのは全部贈与税を払って子供の所有にするってのもありだと思うけど。

まあ、投資は自己責任だから。

おわり