「ナンパでは若い子がいくらでも手に入るのに、なぜか婚活はうまくいかない。だがナンパでうまくいっているのだから、若い子といつか結婚できるはずだ」というのが、遊び人のまま35歳を超えた男性のロジックである。

一般的に、婚活において女性は30歳、男性は35歳から年齢による足切りが始まる。結婚ではたとえどんなスキルを持っていても年齢で足切りされるのだ。25歳の女性は結婚相手に40代男性をまず選ばない。


俺は若い時にはこのロジックを理解できなかった。

男は金や地位などがあれば40歳代でも20代前半の女性と普通に結婚できる。

女性は35歳を過ぎると羊水が腐るけど、男性は50歳代でも相手が20歳代前半なら問題なく子供が出来ると。

こんな感じの理解だったんだけど、実際にオッサンになってみると男の35歳限界説も一般論としては限りなく真実だと思うよ。

35歳を過ぎた女性でも普通に自然妊娠することはあるし、40歳を過ぎた女性が普通に自然妊娠することもある。

少なくとも一般論として「35歳で羊水が腐る」=「女性が35歳を過ぎると妊娠力が著しく落ちる」ぐらいの解釈は医学的には間違っていない。

それを男性に落とし込めば、「男の結婚の限界は35歳」、「男も40歳を過ぎると精子が腐る」ってのも一般論としては限りなく真実だと思うよ。

上記を男に理解しにくくしているのが、男の魅力の要因が外見だけでなく金ってのがあるからね。

30歳を過ぎて商品価値を上げる女性が稀なのに比べて、40歳を過ぎても超富裕層になる男性は沢山いるからね。

だけど、45歳を過ぎても精子が腐らない男性がいたとしてそいつが年収300万円だったらどうよ?

そして、40歳を過ぎて高額所得者だけど童貞の魔法使医先生みたいのはどうよ?

やっぱり、男も35歳限界説ってのは真実だと思ってきたでしょ。

生物である以上は、適齢期ってのは存在するってのが真実だと思います。

おわり。