女性がマウンティングする理由についての解釈は色々あるみたいんなんだけど、俺は普通に本能説だと思っているんだよね。

マウンティングしない女性はいないと。

今の子供は良くわからないけど、小学校の男子とは必ず喧嘩をして男性同士の順位が決まっていたじゃん。

番を張るとか、番長とかあったでしょ。

名門私立小学校にはいないかもしれないけど、所詮は人間も猿の延長線上にあるので順位付けがないと組織集団が落ち着かないのではないかと思っている。

女性も同じで、喧嘩の代わりに順位付けするための方法論があってそれがマウンティングだという理解。

狩猟時代に男性が狩りで獲物を持って帰ってきても、それを女性陣が100%平等に等分していたとは到底思えない。

女性側にも何らかの順位があって、それに応じて獲物を分けていたんじゃないの。

マウンティング順位は、自分の子供や旦那も含めた一族が生き残る確率を上げるための必須項目。

受験の時の偏差値みたいなもんだよ。



両家顔合わせでのマウントの取り合いなんかも、どちらの家の意向を強く反映させるのか?、孫に関することなどを含んだ重要な前哨戦だからね。

柔道でも組手は重要だし、ここで負けるわけにはいかないでしょ。



これに関しては俺は違うと思っていて。

男の順位付けはハッキリしているじゃん。

小学生、中学生時代は喧嘩の強さだし、それ以降も学力だったり、モテだったりするかしれないけど、大人になったら基本は社会階層のことでしょ。

総資産1000億円の創業社長よりは総理大臣のほうが位は上だし、年収1億円の開業医より年収1000万の医学部教授のほうが上だし。

年収1500万の勤務医と年収1億円の社長を比べたら、色々な判断があるけど年収1億円の社長のほうが上だって感じの奴ね。

社会人になってやった女の数でマウントは取れないでしょ。

女性が男のスペックでマウンティングをおこなうのも、狩猟時代や専業主婦全盛時代の名残みたいなもんで。

これから女性の社会進出が進めば、違ったマウンティングになるんじゃないの。
「自分で働いて金を稼がないといけない時点で女としては負けなのよ。行き遅れBBAになって納税要員としてせいぜい頑張ってよ。馬鹿な女がいるお陰で女子力高い私達は簡単に鞘が抜けてマジ楽ちん。美人と言っても東大卒、女医っていう条件付きの美人だけどね、笑える」

少し前の価値観では働いている時点で女として負けだったのは事実なんだけど、東大卒、女医がステータスが高い相手と結婚して仕事を続けて、かつ子供までいたらこれからの価値観ではフェリスより東大卒、女医のほうが上でしょ。

男も女も所詮は猿の延長線上にいるので、大切なのは順位付けの方なんだと思うよ。

時代によって順位付けの要素が変わってくればそれに対応するようになるだけで。

「マウンティングしないと女子は死ぬのか?」に続きます。

おわり。