「そうだね、わかる、大変だね、頑張ってるね」

こんな感じの女(こんな感じの対応を要求する女)はキチガイだから、絶対に関わっちゃ駄目だよ。

「そうだね、わかる、大変だね、頑張ってるね」と言われても、フェリス卒の女には分からない苦労がある仕事をやっているんだよ。こっちはね。(医者はね)

勿論、フェリス系女子の腹黒い人生プランの辛さもこちらとしたら多少は分かるけどね。

蹴落として、裏切って、泥水を啜りながら手に入れた幸せだからね。

折角手に入れたATMのメンテナンスは抜かりないとは思うけど、フェリス系女子に対しては興味すらない。



50年以上生きてきて沢山の女性と付き合ったけど、ギリギリの部分では東大女子も国立女医も。

彼女たちに知性があると思ったことは一度もないよ。

いつも同じ反論をされるけど。

ゆる医みたいな男と知的な女性は付き合わない。

申し訳ないけど、俺は死ぬほど守備範囲が広いんだって。全盛期のイチローがビックリするぐらいね。

知的知的と言っても、マザー・テレサやナイチンゲール(良い例えが思い浮かばなかった)にチンチン勃たないでしょ。

知的な女性ってのは非繁殖要員なんだよね。

知的な女性とは一緒に仕事をするので十分。なんで一緒に暮らそうとするの?

ゆる医がではなく、彼女たちがゆる医を選ばないって意見もよく聞くけど。

彼女たちは魔法使医先生同様に自分の遺伝子を残せずに淘汰される遺伝子。

そういう寝言は遺伝子残してから言ってくれないかね。

「そうだね、わかる、大変だね、頑張ってるね」と言っても良いけど、その次に「私の話を聞いているの?」と言う女とは結婚しないことだね。

俺のブログは「私の話を聞いているの?」と言う女という病原体に対するワクチンなんだよ。

彼女たちは日本脳炎ウイルスと思ってもらっても良い。
感染源は日本では主に豚で、ウイルスを持つ豚から吸血した蚊に刺されて感染するが、人から人に感染する事はない]。感染のほとんどが不顕性感染で、感染者の発症率は0.1% - 1%と推定されている。潜伏期は6日から16日間とされ、高熱を発し、痙攣、意識障害に陥る。ウイルス性の疾患であるため、発症してからの治療方法は対症療法のみで、抗生物質は効果がない。致死率は30%程度であるが、半数以上は脳に障害を受け麻痺などの重篤な後遺症が残る。豚、犬、馬では日本脳炎ウイルスに対する感受性が高く、特に豚は増幅動物として重要で、鳥類、爬虫類にも感受性がある。ウマの発症率は、0.3%程度である。

彼女たちを根絶するのは医療従事者の使命と言っても過言ではない。

全ての女性読者から反感を買うことを前提に、男性医師の皆の代弁をしてあげるよ。

「そうだね、わかる、大変だね、頑張ってるね」、「私の話を聞いているの?」という寝言は勝手に言うのは自由だけど。

ただ、「俺のような飛び抜けて優秀な子供を産んでくれ」とこっちは思ってるんだよ。

そう思っていても、糞みたいな嫁に言えなかったんでしょ。

俺が代弁してあげたよ。だけど決して俺の意見ではありません。

以上。

おわり。