「理論ばっかりみたいな感じだけど、どちらかというと感情的な方でね、やっぱりよく怒っていた。プロ野球選手たるものそういう攻撃的な姿勢、積極的な姿勢、怒りとか、そういう負けたくないという気持ちとかを持っていて当たり前なんだと。負けず嫌いの塊。ベースはそれだった」


野村克也氏の現役時代は世代が違うので全く見たことがないんだけど。

指導者としての野村克也氏は本当に他の指導者と比べると別格、唯一無二の存在だった。

奇跡なんかは現実の世界では起きないので奇跡なんだけど。

野村克也氏だけは何度も何度も奇跡を見せてくれた。


そしてサッチーとのかかあ天下をみていつもいつも違和感を感じていた。

同じような別格の選手に落合博満氏もいるけど。

彼の奥さんも超ブスでかかあ天下。

彼らのような超一流の人間が同じようなタイプを結婚相手にしている。

俺のような下のクラスには分からない理論がそこに存在するんだろうな。

俺から見るとフェリス系女子なんかも天然痘と同じで撲滅させるべき存在だと思ってしまうんだけど、何かしらの存在意義があるんだろうな。

フェリス系女子というのは本来、野村克也氏や落合博満氏のような超一流の人間を活性化する要素を持っているのかもしれない。

別の表現をすればフェリス系女子の存在意義はそれに相応しい超一流の人間(男性)を必要とする。

だけど超一流の人間なんかほんの一握りでしょ。

その為対象相手を勤務医程度まで下げる亜種が出現したことが悪性化を招いたと理解しているんだけど。


サルを食べたチンパンジーがエイズに感染、しかしチンパンジーはエイズを発症しない。

チンパンジーと遺伝子が98%同じ人間にエイズ感染を起こすと発症する。

超一流の人間では悪さをしないフェリス系女子が、勤務医程度度結婚すると致死的な症状を発症する。

エイズとフェリス系女子って似ていると思うのは俺だけか?

俺の解釈があっているのかは不明だけど、野村克也氏、落合博満氏、それぞれの奥さんの存在は俺に色々な事をインスパイアさせてくれたな。

勤務医程度(年収1500万円ぐらい)をATM化して専業主婦をやる亜種の完全撲滅を目指す一方。

超一流の人間をインスパイアするような純正のフェリス系女子みたいのは必要な人間なのかもしれないな。

俺程度のレベルが低い人間は悪い影響を与えられるだけなので、純正のフェリス系女子に近づかないようにしているけどね。

おわり。