「ビルオーナーである不動産会社が賃料減額に応じなかったせいで、破産に追い込まれた」などという風評がテナントの間に広がり、不動産会社の評判や信用に傷が付くことも懸念材料だという。

賃料減額要請はこれからが本番。

それも長期になる可能性が高い。



ビル所有者の減収額に応じて、21年度の固定資産税を半減したり全額免除したりするという。


固定資産税分の減額要請には応じやすい仕組みが出来たのは良いけど。

テナント倒産からのビルオーナー倒産ドミノが起きることはほぼ確実だな。

無借金経営をしているビルオーナーは少ないだろうからね。

オフィスもそうだし飲食店もそうだけど。

新型コロナウイルスの流行の拡大次第ではワンルームマンション投資まで被害が拡大してドミノ倒しの最後はサラリーマンの自己破産だったりね。

タワマン暴落間近程度ではおさまらない可能性も出てきた。

まさにキャッシュイズキングの世界。

不謹慎な話だけど新型コロナウイルスでこうなるとは予想していなかったけど、この買い時を待っていたんだよね。

人を呪わば穴二つでないけど、人の不幸は蜜の味を喜んでいると自分自身が新型コロナウイルスに感染して死亡したり。

兎も角、アフター新型コロナウイルスの世界は別世界になってしまったな。

ビルオーナーという富裕層の代名詞。

新型コロナウイルスのせいでその構成メンバーが総入れ替えになる可能性がある。

だってビルオーナー倒産後にはアフター新コロで賃貸経営が成り立つ値段で買えば良いだけの話になるからね。

今頃ビビっている人間が日本中にいると思うよ。

おわり。



民泊業者は既に投げ売りも始まっているってさ。

不動産相場は株式相場と違って算数と同じだから(株式相場は大人の事情がある国語)、単純に足し算引き算すれば良いだけだから簡単。

言うまでもないけど、不動産投資を算数レベルまで落とし込めるのは医師としての知識経験により新コロがどういう経過を辿るかを確信を持って分かるからだけどね。

問題)民泊業者の投げ売りとサラリーマンのワンルームマンション投資の投げ売りはどちらがどの程度安いでしょうか?(東京女子学園中学校の今年の入学試験より引用)

ゆるい整形外科医調べで東京女子学園中学校の偏差値は42。