アニメ放送(2019年4月〜)前は累計350万部ほどだった売り上げが、今年2月には4000万部を記録、5月には6000万部を突破した。印税に連載のギャラ、アニメ化の原作使用料やキャラクタービジネスなどで優に20億円は稼ぎだした作者だが、その正体はベールに包まれている。


「ジャンプではすでにボスの鬼舞辻無惨との戦いも終わっています。ネット上では様々に噂されてきましたが、実は作者は女性です。家庭の事情もあり、長く東京で漫画家生活を続けることはできないみたい。連載終了のタイミングで実家に帰るのではと囁かれています」(別のジャンプ関係者)

アマゾンプライムで無料で見られるので漫画は読んでいないけどアニメの方は見ている。

進撃の巨人やキングダムと似ていると思ったね。

少年漫画は昔はもう少し多様性があったと思ったんだけど、単に俺がオッサンになっただけかもしれないけど。

鬼滅の刃の作者は十分に儲けたし疲れた。

ジャンプ側は折角掘り当てた金脈を手放したくないのでスピンオフで二匹目のドジョウ狙い。


そうですね……まず大前提として、すべての話がハッピーエンドです。ストーリーは基本的に、ゴージャスなヒーローと健気なヒロインが出会い、一見乗り越えられないようなものすごい障壁が立ちはだかるんですが、なんだかんだあって乗り越え、永遠の愛を誓うという構成ですね。
――ヒーローはゴージャス、というのは絶対なのでしょうか。
絶対ですね。ヒーローは大富豪で成功者というのは人気作品の大前提です。お金持ちかつ尊大で圧倒的なオーラを放っているヒーローというのが、やっぱり読者の方には根強く人気です。


家族愛、友情、悪と正義、修行でレベルアップ、無限大に強くなる対戦相手みたいな感じ。

ドラゴンボールも漫画の王道だったけど、最近の流行りとしては残虐性やグロテスクをアクセントに入れるって感じかな。

ハーレクインロマンスと同じで安心して見ていられる。(本当は一度も読んだことがないけど)

自粛要請で学校が休みなので学生は漫画かゲームかYou Tubeばかりだとは思うけど。

ゲーム、You Tubeに嵌るよりは漫画のほうが健全だと思うな。

俺が子供のときは漫画を読んでいると馬鹿になると言われていたんだけど。

そう言っていた大人より俺は相当賢くなったけど。

ゲーム、You Tubeなどをやっているとこいつ絶対に馬鹿になると思っているんだけど。

その中から相当な金持ちが生まれるんだろうね。


最近の若者は理論だな。

おわり。