政府は国民の資産状況を正確に把握することが可能となり、必要に応じて給付などに活用するほか、徴税の強化を図る方針だ。




本政府の赤字国債と建設国債の新規発行額が急激に増加し、2020年度は90兆1千億円まで膨らむ見通しだということです。財政投融資債と合わせた発行残高は、900兆円台後半から1097兆円まで積みあがることになります。コロナショックに対する大胆な財政政策の資金捻出のためですから、必要な支出だという主張も良く分かります。しかし、国債とは国の借金であり、いつかは返さなければなりません。


国の借金はいつか誰かが払う以外は方法がない。

外人に日本国債を買って貰ってデフォルトを起こすのが日本人的には一番良いとは思うけど、どう考えてもその案は無理そうだし。

生活保護受給者から国の借金を取り立てることも出来ない。

医者などの知的レベルの層は薄々気がついていると思うけど、結局は持っている人間から金を毟り取って借金を返す以外はない。

当然消費税も上がっていくとは思うけど。

固定資産税が上がって。

銀行の預金残高に応じて資産課税が掛かり。

株式の保有額に応じて資産課税が掛かり。

所得税も当然更に上がって。

社会保険料も更に更に上がって。

稼いだら負け、働いたら負けの新社会主義国家の誕生だね。

俺もその重税から逃れることは出来ないと思うけど、今の初期研修医や後期研修医あたりの世代が一番多くの年貢を納めることになるんじゃないのかね。

それともその頃には国民皆保険制度の崩壊でそんな高給は貰っていないかもしれないな。

こんな未来のない時代に必至に新型コロナウイルスに対して戦っている研修医世代はあと10年後ぐらいしたら医師のロスジェネ世代と言われるようになると思うよ。

大学院生時代は新型コロナウイルスの影響でバイトは禁止。

稼げる世代になったら重税や国民皆保険制度の崩壊がやってくる。

まさに踏んだり蹴ったり世代。

俺のブログの読者の中には資産家への蜘蛛の糸を見つけることが出来る人がいると思っているよ。

おわり。