バルセロナのユースにいたときから久保建英は凄かったんだけど。

体が小さくて上手いだけの選手で終わるのか。

リアルキャプテン翼になるのか。

そんな感じでファンは見守っていたんだと思うけど。

どうやらリアルキャプテン翼になりそうだね。

この安永聡太郎氏のコラムは面白いよ。

それは彼が元プロサッカー選手だったからではない。

それは彼自身のプレイスタイルが久保建英の劣化版で彼自身もキャプテン翼になりたかっただろうからね。

僕(安永聡太郎氏のことね)もスペインのプレー経験があるから久保の置かれた状況が少し理解できる。当時の監督はファンデ・ラモス。プレシーズンで4得点・4アシストを記録したんだけど、シーズン初めに「オレをどう生かすか」で戦術を組んだ。日本人なんて認められていないから、もう明らかにチームは不審の目を向けていた。フリーキックのトリックプレーのフィニッシュはすべてオレだったんだけど、練習でもことごとく入らないのよ。失敗するたびにチームの雰囲気がえげつないほど悪くなる(苦笑)。久保はそれ以上にレベルの高いプリメーラの残留争いの中でいろんなプレッシャーを受けてプレーした。もちろん小さい頃からバルサというビッグクラブでカテゴリーの昇格を勝ち得て現在の地位があるわけだから、僕らが想像できないような経験を積み重ねてきている。この世界で食べていくためにわかりやすい結果が必要なことをわかっているし、実際のプレーで体現できている。

スペインでサッカーをやってボールを預けてもらうのがどれだけ大変なのかが伝わってくる。
特にスペインの選手は納得しなければボールは預けないし、それだけ彼の攻撃に対するプレービジョンに共感したのだと想像ができる。

久保建英が目指しているポジションはキャプテン翼だし、メッシだし、トップ下だからね。
トップ下というポジションは一番プレッシャーが多くて激しいポジションだから、きっと監督の配慮もあったんだと思う。そこで輝ける選手は、サッカー界で一番お金を稼ぐ選手で、価値は高い。

俺がプロサッカー選手を目指したことがあるわけではないけどなんとなくこの選抜方式が医学教授と被るので海外サッカーで活躍しようと思う選手には思い入れが深い。

Jリーグの強豪チームのトップ下に君臨する選手は旧帝大の臨床系教授に被る。

リアルマドリードのような超有名チームでトップ下に君臨する選手は加藤先生のようなアメリカの有名大学の医学部教授に被る。

俺なんかは医者の世界で言えば、Jリーガーを目指して中学の部活に入ったけど1年で辞める程度のレベルだな。

話を戻して。


出場機会が確約した状態でのワンシーズンが始まる。

ここで結果を残せばリアルマドリードのピッチに立つことになるし。

そこで活躍すればレギュラーになるかもしれない。

そしてメッシと同じポジションでエル・クラシコを戦うかのしれない。
000000047533

中田英寿が凄かったと思ったけど彼がメッシを超えるとは到底思えないからね。

久保建英がメッシ以上の活躍した時には世界中の誰もが確信するんだろうな。

キャプテン翼は本当にいたんだと。

おわり。