「佳子さまと同時期にリーズ大学に留学していた男性Aさんと、真剣交際されているそうなのです。Aさんは都内の理系大学出身で、爽やか系のイケメンだといいます。留学中もよく行動をともにする仲で、周囲もお似合いのカップルとして見ていたようです。おそらく、事前に行われた留学説明会などで知り合われたのでしょうね。実は、眞子さまと小室さんの結婚問題に結論が出た後、そう間をあけずに佳子さまも婚約される見通しらしく、それもあって進学や就職をされない方針なんだとか」




佳子さまは2019年3月の国際基督教大学(ICU)ご卒業時に、眞子さまのご結婚に関する質問に対し、「姉の一個人としての希望がかなう形に」と回答されたことについて、「皇族というお立場を理解なさっていないのでは」などと、大きな批判を浴びてしまった経緯がある。

俺の立場は天皇制の維持に賛成。佳子さまは可愛い。姉は普通。

大体の日本人と同じ立場で特別な思い入れはない。

そして眞子さま、佳子さまともに女性として普通に幸せになって欲しいと思っているだけで特別なポジショントークはない。

そして今回のブログはあくまでも例であって佳子さまについて書いているわけではありません。

右翼系からツッコまれる内容ではありませんのでご了承ください。

俺は以前のブログで本当になりたかったのは医者ではなく医者の子供に生まれて医学部で遊びたかったと書いた。(正確には覚えていないけどPorscheに乗って女子アナと結婚したいみたいな感じで書いた記憶が)

だけどこの歳になると医者の子供に生まれたいかと聞かれれば生まれたくないな。

それでも中高一貫校から国立医学部に入れるなら今でも医者の子供に生まれたいけど。

だけど自分が馬鹿だったらどうすると思うと夜も寝られない。(嘘だけど)

佳子さまも皇族に生まれて不自由だと感じるかもしれないけど、それはないものねだりの部分があるよ。

佳子さまと同時期にリーズ大学に留学していた男性Aさんが、佳子さまが皇族でなかったら相手にしていないかもしれない可能性を考えたこともないだろうなって思って。

佳子さまは普通に可愛いけどもう26歳なんだね。

やまとなでしこの神野桜子と同じように今頃は合コンに明け暮れて結婚相手を探していたのかもしれないじゃんね。

勿論、生まれの良さ美貌強運で一生世間の汚い部分を知らずに生涯を終える可能性もあるけど。

医者の半分ぐらいは知的能力の限界が原因で本当の意味にトレードオフ関係を理解できない。

日本人全体で言っても本当の意味でのトレードオフ関係を理解できる層は5%ぐらいなのかな。
(単純な学歴な学力の話ではありません。三流大学卒の10年以上生き残っているトレーダーと東大数学科卒と比べてどちらがトレードオフ関係を理解しているかと言えば三流大学卒の方じゃないのって感じの話です)

今回のブログに他意はありません。

眞子さま、佳子さまそれぞれのお二人の末永い健康とご多幸をお祈りいたします。

おわり。