逮捕容疑は5月17日午後1〜5時ごろの間に、勤務先の同病院で20代女性に麻酔薬を飲ませて、もうろう状態にさせ、女性の同意を得ずに堕胎し、妊娠約2カ月の胎児を流産させ、女性に全治約1週間の傷害を負わせたとしている。

女性は「堕胎するつもりはなかった。許せない。病院でいつの間にか寝てしまった」と話しているという。

ネットでは妊娠2ヶ月の堕胎を外科医に出来るのか?とか。

容疑者と女性は友人だったって恋人なの不倫なの?とか。

容疑者は未婚なの既婚なの?などと感想があったけど。

俺には慈恵大学病院の先生が同じようなことをやった事件にしか思えなかったけど。

女性と結婚したくなかったんだと思っただけ。

色々な感想があるね。

それとウィキペディアをみると捕まったのは慈恵大卒の先生でなく東海大卒の先生なんだ。
(医局が慈恵なんだね。慈恵にとってはいい迷惑)

そして執行猶予がついて医師免許取り消しになっていたんだね。

33歳の医者ってことはTwitterなどのSNS世代。

法律婚しても損なことは良く分かっているだろうからな。

だけどこんな事したら揉めるというかバレるよね。

女性が妊娠したことを相談ってのは責任取ってねってことでどうにかしてくれとは頼んでいないからね。



若手の男性医師がこれだけ法律婚を拒否している現状では今回のような事件はドンドン増えてくる気がするな。

何故だか分かる?

もう男側に妊娠をさせたら責任を取るって概念がなくなっているの。

男女平等の世界で男性が責任を取るって考えがジェンダー平等じゃないよね。

避妊が男性の責任?

二人の責任だしね。

途中まで書いていてなんだけど流石にこんな犯罪がドンドン増えることもないか。

話を戻して。

「診察してあげる」って言うのは、女性と逮捕された先生が男女の関係ではないのかな。

胎児の父親と逮捕された先生が友人なのか。

友人って医者なのか?

友人に忖度したのか?、それとも殺人教唆があったのか?

なんだ?

2時間サスペンスなのか?

おわり。

やっぱり結局は単純な話の気がする。

タイトルの「結婚しないならやるなよ」は何度か女性の口から聞いたことがあるけど。

俺が揉めた話ではありません。

だけどこのワードを聞くと速攻でフェードアウト開始。

意味は分かりますよね。

そういう事。