今日のブログは投資を推奨したりする内容ではないです。

どちらかと言えば昭和を懐かしむような内容。

株式を持っている人間と一切その手の投資をやらない人間ではこの10−20年でビックリするほどの資産格差が出来てしまったな。

今の風潮では投資などをやる人間は目先の利く賢い人間。

やらない人間は頭の悪い鈍くさい人間。

そんな感じになってるけど。

ほんの少し前。

昭和の時代なんで30数年前までは投資をする人間、不動産投資をやる人間はもっとも胡散臭い人間って感じだったんだよ。

医者で投資をやるなんかまさにイロモノ芸人。
fuwachan_main


81169244_163x291

フワちゃんとか出川哲朗のイメージ。

フワちゃんとか出川哲朗もなんか今の時代は大物感があるんだよね。

それってYou TubeとかInstagramでマネタイズしている背景があるからだと思うんだよね。

拝金主義というか。

でも本来はフワちゃんも出川哲朗も芸人としてはもっともゲスだろ。

二人に時代の追い風が吹いているだけの話で。

話をタイトルに戻すけど。

あと20−30年したらまた違う考え方が主流になっている気がするな。

日本の行き着く先は社会主義国家になって。

ベーシックインカムが実現していて。

必要以上の金なんか稼いで何になるの?って感じの社会になっていたりね。

十分ありえる話だと思うよ。

それと投資をやる医者をディスっているのでもありません。

俺自身がイロモノ芸人みないな存在なので当然ですが。

おわり。