人間は感情の生き物だという表現がある。


勿論そうだとは思うけど、まずは人間は損得勘定の生き物だと前提することが計算の基本だと思う。


損得勘定だけ出来れば人間関係の達人なら、数学者は全員人間関係の達人になるからそれが絶対ではないけど。


守破離の守として、損得勘定が計算の基本と思って生きていくと色々なことがハッキリわかってくる。


ポジショントークとかね。


例えば、僕は橋下徹のファンだけど彼の根底にある弱肉強食があると思うけど。


共産主義的な世界より弱肉強食の方が自分にとってメリットがあるっていう損得が働いていると思うよ。


僕が彼を応援するのも、彼が目指す弱肉強食が自分にとってもメリットがあるからだしね。


自分が強者側だと思っている人は橋下徹のファンが多いよね。


http://www.tachibana-akira.com/date/2012/12/10


損得勘定ができるようになった上で、損得じゃない部分を増やしていくってのがこれからの時代はいい戦略だと思うよ。