以前同じ病院で働いていた事務員から正社員になりたいという話が出た。


その子いわく、正社員とパートでは月給と時給の差で休んだ分だけ給料が減るのが嫌なんだって。


あとパートだと昇給がないんだって。


俺自体はサラリーマンで経営者じゃないけど、普通に考えて病院の事務員を正社員として雇うメリットが病院経営者にはないと思うけど。


求人を出しても応募がないような雇用状況なら別だけど、今なら(今後も)いくらでも事務員なんか応募があるんだから。


なんで毎年少しづつでも給料が上がって(働きは変わらなくても)、有給休暇もあって、退職金も必要となる正社員を雇うんだって。


正社員で働ける病院もあるかもしれないけど、でもそれは正社員という肩書きの代わりに暗にサービス残業を強要されるようなブラック企業病院だよね。


事務員というマックジョブに正社員とパートの差はないと思うよ。


学生ならそういう同一労働同一賃金のようなマックジョブにつかないように一流大学を出て、一流企業や公務員になれって言うところだけど。


社会人が青い鳥を求めても意味ないと思うけどな。


病院の事務員がマックジョブに未来はないと思って看護師目指すのって良くあるんだけど。


それはある意味正しいと思う。


看護士ならライセンスだから職場を変えても良いし、外国人看護士が許可になっても一生求人はあると思う。


この話は病院だけでなく、他の業界でも同じだと思う。


ブラック企業の正社員と、パートの差は殆ど無いと思う。


公務員や規制産業の一部上場企業に入るためには小学校ぐらいからの受験戦争をクリアーしないといけいないし。


人生でうまい話はないんだって。


リスクとリターンはイコール。


就職も結婚も自分がどう思うかじゃなくて、相手がどう思うかを考えてみると結構色々な理解が深まると思うけどな。