桜宮高校の体罰自殺のあとに、女子柔道の暴力問題まで出てきて本当に笑えるんだけど。


この問題をこじらせたA級戦犯は桑田真澄だと思うな。


彼の「体罰は安易な指導法」発言。


彼自身は人生がそんな単純でない事を理解しているんだろうけど。


ドラフトでの清原との確執。

肘の怪我からの復帰。

親娘丼持ち逃げ。


全てが順調でない中で真剣勝負の世界でこれだけの実績を残した人間が才能や指導問題がそんな単純じゃない事は百も承知なんだと思う。


彼の発言が、原発反対、米軍は沖縄から出て行け、オスプレイ反対系のお花畑系を活気づけちゃったよね。


スポーツは、特にメジャースポーツは。


才能がメインで指導や努力はサブじゃん。


日ハムの大谷が科学的な指導で誕生するわけないでしょう。

ダルビッシュが誰にも負けない努力で誕生したわけないでしょう。


桑田真澄が肘を壊さなくても、ダルビッシュにはなれないでしょう。


桑田真澄の方がダルビッシュや大谷よりクレバーで努力家だとは思うけど、身長が190センチと175センチというたったこれだけの差で。


この差は埋めることは出来ないんだって。


前提としてプロ野球のような選抜を繰り返された才能集団にとっては、指導自体が意味ないレベルじゃん。


一方、女子柔道はどうなのよ。


オリンピックに出るような選手でも、プロ野球のような数億稼げる世界とは目指す人間の数が違うよね。


その少ない中からでも金メダルを目指せるぐらいだから、競技自体のレベルが低いから。


暴力指導法も桜宮高校と同じようにある一定の効果はあるんじゃないの。


ただ、インターハイレベルじゃなくてオリンピックレベルで体罰指導法をやっていることは女子柔道の全日本監督の指導者として能力不足だとは思うけど。


ただオリンピックで柔道が金メダルを取れなければあれだけ責めるわけだからさ。


体罰指導法は駄目だという人間は結果責任をもってやって貰いたいね。


勝手な想像だけど、プロ野球、メジャーリーグ、プロサッカー、NBA、NFLなどのメジャースポーツ以外では体罰指導法の方が優位なのは動かないと思うけど。


資本主義が欲と死への恐怖を両輪にして成長するように。


スポーツ指導も結局は欲と恐怖だけが、人間のモチベーションに働きかけるよね。


だって体罰指導者も科学的トレーニングは取り入れるでしょ。普通は。


あと親も子供も体罰を望むのなら で書いたけど。

http://ameblo.jp/randtkikaku/day-20130124.html


桜宮高校の自殺の原因は体罰じゃなくて枠問題だよね。


橋下は理解しているのに、この案件を自分の政治アピールに使って。


新生桜宮高校が体罰をなくして、部活が弱くなり大学からのスポーツ推薦枠がなくなったら。


橋下は学生のチャンスを奪った責任は負わない。


橋下がやろうとしていることは、橋下が壊そうとしている官僚組織がやってきたことと同じ。


橋下がやるべきだったのは情報公開だけ。


桜宮高校は指導力がある先生はいなけど、体罰指導法である程度の強豪チームを作り大学推薦枠がある学校ですよって。


そうだと分かっても入学したい生徒や親はどうぞってね。


橋下は自分が出来ることを過信し過ぎたね。


橋下徹@t_ishin

公立であるにもかかわらず、あれだけの施設。クラブが全てとなっても仕方がない。そしてそのような意識の生徒・保護者が集まる。しかし、間違ってはいけない。高校はクラブで勝つことだけが目的の場ではない。長い人生、クラブで勝つことも重要だが、それ以外に学ぶべきこともある。


橋下もボケたね。


15歳のガキの判断もその親の判断も。


自分の置かれた環境や才能ではそれがベストだと判断したことでしょう。


その判断は自分の人生をかけた判断なんだよ。


正しいか間違っているかは別だけど、橋下がとやかく言う問題じゃない。