ユニクロがブラックな本当の理由。キャリアの分断にみるユニクロの真の闇

http://tyk97.blogspot.jp/2013/03/blog-post.html?m=1


なかなか面白く、なるほどと思ったんだけど。


思ったんだけど文系のキャリアパスにはもう遊び(ハンドルの遊びの遊びね)がないんだね。


例えば、東大法学部や早稲田政経学部や慶応経済学部に入って。


大学時代は遊びまくって、そして就職後は頑張るってのがチャラ系エリートの王道だったじゃん。


MBAを取ろうと思ったり、英会話を勉強しないといけないってバイトも女遊びもやってる時間ないね。


でも文系で勉強ばかりやってマッキンゼー人材になって社会人デビューして女にもてても、腹黒女に騙されて決して幸せになれないんじゃないのかね?


理系研究者系は、麻雀などのギャンブルと女遊びは必須科目じゃないけど。


文系エリートにとっては、麻雀などのギャンブルと女遊びは英語以上の必須科目だよね。


文系エリートが確率を学べる機会ってのは、このギャンブルと女遊びしかないじゃん。


教科書からは文系は確率を学ぶことは出来ないって。


文系エリート枠ってのがドンドン小さくなって、女遊びしながら東大法学部や早稲田政経学部や慶応経済学部に入れる人しかなれないんだね。


だったら文系と理系をどちらも選べる層にとっては理系を目指したほうが良いよ。


医学部とか薬学部ならライセンス系だし、6年のうち2年ぐらいはまったく勉強せずに麻雀と女遊びをする時間がある。


芸は身を助けるじゃないけど、それが社会に出てから効いてくるんだって。


文系エリートは世界の文系エリートとガチンコ勝負になるから自信がない人は理系に逃げたほうが絶対にいいよって思った。


おわり。