ジョエル・ロブションが不味い理由をいろいろ考えてみた

http://blog.livedoor.jp/kazu_fujisawa/archives/52002439.html


ジョエル・ロブションは不味くはないよ。


一人6万の価値があるのかは分からないけど。


ジョエル・ロブション的な店は美味いから意味があるのではなくて、高いから意味があるんだと思うな。


俺も人の金で2回行ったことがあるけど、味ではなく金額に接待側の誠意を感じたもん。


前にある女子大生とエッチがしたくて、その子がこの料亭に行きたいって指定されて連れて行ったけど。


二人で10万以上はしたけど、この料理で10万とは思わないよね。


料理自体は二人で一万でも高いとは思うけど、そういうプレイだしね。


女子大生なのにこんな料亭に来た私と、それを連れてこれるオジサンプレイ。


5万のソープランド行ったほうが、この子より可愛いと思うけど。


寿司屋を藤沢数希が褒めているけど、これも相性だよね。


銀座の青木とかは愛想がなくて最悪だったけどな。


銀座久兵衛だって、美味いけど値段に見合うとは思えないな。


俺も銀座久兵衛で食べるポジションまで成り上がったぜプレイとして意味はあるけど。


今度引っ越すときは美味しい寿司屋が歩いて行ける距離にあるところが絶対条件だな。


おわり。