結局何も変わらないだろうなって妄想してみた。


自分の周りは医療従事者が多い。


成功した開業医の夢のような話は最近聞かなくなったけど。


それでも、ほぼ例外なく裕福な気楽な生活をしている。


例えば。


看護師なんか、昔の准看護婦。

偏差値35ぐらいの高校卒と同レベルの学力で。

今何十万貰ってんだよって感じ。


例えば。


医者なんか。

当直が厳しいとか、責任が重いとか。

それでもどんな貰ってない医者でも年収1000万ぐらいあって。

車はマーチでも、子供は私立の小学校に通ってるとかね。

奥さんは専業主婦で。

気楽そうだね。


例えば。


俺の弟がサラリーマンなんだけど。

アラフォーで、一部上場企業の課長代理で。

年収750万。

奥さんは専業主婦で、英会話教室に通ってる。

気楽そうだね。


例えば。


公務員なんか。

警察官とか消防士のように、大変だと言われる仕事でさえ。

失業する可能性もない、不景気の中でも給料は上がり続ける。

気楽だよね。


こういう路線に上手く乗った人間とその家族にとっては。


日本が不況って感じは実感できないだろうし、デフレでカネの価値が上がっている分だけ。

この不況は嬉しいんじゃないの?


日本にはそれとは全く別の世界が存在する。


民間企業に努めていたけど、途中でリストラにあって再就職しないといけないサラリーマンとか。

新卒で就職しようと思っても、正規社員になれない大学生とか。

正社員になれない上、正社員の男性とは結婚出来ない女性とか。


所謂、勝ち組と負け組に対して自己責任論は良いんだけどさ。


その手の話ではなくて、看護師とか医者とかサラリーマンとか公務員は。


日本政府が日本のムダを省き、成長戦略を取ることは心の底では反対してるんじゃないの。


今のままで良いんだよ。

苦しみを一部の層に押し付けられる層は、このままで。


公務員なんか今のまま何一つ変わってほしくないでしょう。

年金受給者は、年金制度の持続可能性なんか少しも考えてないでしょう。逃げきり世代なら。

専業主婦の控除なんか、働く女性にとってみたら犯罪みたいなもんだけど。

専業主婦のポジショントークには反吐が出そうになるけど。


日本が変わるためには、もう少し負け組の怨念が溜まらないと駄目だよな。

負け組の数もあと、2,3倍にならないとその怨念の総量としては足らない。


日本は変わらなきゃって言うのは。

それを公務員や医療従事者や一部上場企業のサラリーマンが言うのは。


それはデブが言う。

痩せなきゃていうのと同じ。


痩せるために、食事を制限する気なんかこれっぽっちもない。


この世の中に死ぬ気でダイエットを試みる人は三種類しかいない。


^綣圓ら痩せないと死ぬよって言われた糖尿病などのメタボ患者か。

∩蕕擦特砲鴆戮修Δ隼廚辰討詭ずЫ性か。

神経性無食欲症の患者か。


小沢総理大臣は、痩せるつもりのないメタボ国民に。

本気でダイエットをさせることが出来るのでしょうかね。

俺は出来ないと思うけど、出来なければ状況は悪化する。


と、今日の外来は暇で暇で。

妄想してみた。