ニュースで大学の新卒者の就職率が,60%を切り。


就職氷河期を超えたとあった。


TVでは、学生が「就職がこんなに大変だとは思わなかった」と。


バブル世代の僕が言うのも何ですが、この学生がもし文系だったら。


その頭の悪さによる自業自得って部分は大きいですよね。


大学で何の勉強してたんだろう。


ちょっとでも知能があれば、そして勉強していれば。


今の新卒の就職の難しさは。


景気という循環論でなく。

構造変化ですよね。


景気が回復したって、企業側が増やすのは外国人枠だし。


数年で好転することもない。


誰でも入れる三流私大に入学して。

4年間を遊び,バイトで明け暮れれば。


就職先はないよね。


まだまだ,世界での寿司ブームは続いているみたいだし。


三流私大に入学するぐらいなら、寿司屋(超一流店で下積みが長く修行するのではなく、即席栽培で職人を育てる店で修行を積んで)で4年間を修行して。


海外に飛び出せば,未来がひらけるんじゃないの。


4年間、働いた金と。

親から本来大学に入学していればかかった費用を貰ってさ。


寿司職人なら、ビザも簡単に出るみたいだから。


気に入る国に出会うまで、8年ぐらい放浪して。


それでもまだ30歳。


開業すれば良い。


だって、このまま大学に進学したって。

卒業時には就職先はなく。

30歳の未来も夢もないフリーターと。


1000万以上の貯金がある、外国語を話せる寿司職人。


どちらに未来があるかなんか,誰にだって分かる。


18歳の時に決心できるか。

12年後を、リアルに想像できるかで人生は決まってくる。


偉そうなことを言える人間ではないのですが。


将来の自分の子供に向かって日記を書いてみた。