ゆとりをちゃんと僕が定義できているかはちょっと疑問ですが。


でもゆとりの目指したものは、詰め込み過ぎず、自分で考える力を養う。


スパルタはその真逆ですよね。


結局、、ゆとりとスパルタは全く同じことだと思うのですが。


100人の生徒がいて。


1%クラブへ

http://ameblo.jp/randtkikaku/entry-10759941490.html

で書きましたが。


1%クラブの人間は、ゆとりもスパルタも関係ないよね。


上位10%ぐらいの人間が、1%クラブへ入れるように化けるかは。


ゆとりで化ける子もいれば、スパルタで化ける子もいる。


もっち陳腐な言い方をすれば。


褒めて伸びるタイプか、殴ったほうが伸びるタイプか。


そんな感じ。


10%クラブの人間を、1%クラブに入れる方法論としては。


スパルタの方が確率が高い気もしますが、大学、社会人としてブレイクするのはゆとりの方だと思うけど。


上位10%には、スパルタよりゆとりの方が分があるとおもうけど。


下位90%には、ゆとりよりスパルタの方が分があるというのが、最近の流行りですよね。


でもそれも幻想な気がします。


だって、下位90%はマックジョブしかないわけだから。


下位90%の教育に力を入れたところで、マクドナルドの社員研修が楽になる程度の話で。


マックジョブは結局、中国やインドの相場に収束していくし。


彼らは結局、結婚もできなくて子供も産めない。


彼らを救うのは、教育じゃなくて政治しかないんだけどな。


下位10%は結婚もできなくて子供も産めないのは仕方ない。


でも上位90%は、共稼ぎで子供を二人ぐらい産む環境を作らないと。


その環境を作るための金は、老人(年金を貰っている層)の下位20%が野垂れ死にすることによってでも作るべき。


話がそれてしまいましたが。


ゆとりをスパルタにしたからと言ってもなにも変わらない。


それを書きたかったのです。