【赤木智弘の眼光紙背】入学試験問題流出事件に感じた涼風

http://news.livedoor.com/article/detail/5381423/?p=2


その中で「大学受験」は、子供が企業の正社員として日本人らしい生活を送ることができるか、一生非正規労働で家族ももつことができずに野垂れ死にするかの分水嶺としての機能を有してしまっているように見える。

赤木氏っての考え方には賛同できる部分は多いのですが。


でも、赤木氏のようなフリーターにとって、大学受験の振り分け機能は憎悪の対象なんでしょうね。


じゃあ、大学受験以外でこの振り分け機能を代用できる物が存在するのでしょうか?


目指すところは北朝鮮や中国のような共産主義?


教育機関の存在意義は、教育ではなく。


教育という名の、振り分け機能でしょう。


これを理解している人間が少なくて笑えるよな。