twitterで誰かがつぶやいていた。


複雑になっていった上下関係の中、頂点に立つ女性は


http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20110520/zsp1105201531004-n1.htm


「どれだけモテていても、結婚できないとダメというのはありますね。結婚したもん勝ち。空前のママブームがそれを証明してます。例えば『VERY』人気モデルの滝沢眞規子さんみたいに子供を3人産んでいるのにキレイという人。自分をメンテナンスできるというのは財力があるということですから。そのうえ、旦那に愛されていること。浮気をしない旦那がいる。それが女性の最高峰です!」



実にくだらなくて、そして今の20代未婚女性の気持ちをよく表していると思う。


23歳で「私はもう若くないから」と言う頭悪そうな女をよく見る。


23歳が若くないわけがないけど、金持ちで浮気しない相手と結婚して可愛い子供を持つことを理想型と考えれば。


23歳で結婚を考える相手がいなければ、23歳という年齢は若くないと言っても間違いじゃないと思う。


妄想することは自由だしね。


俺が高校生の時に、白い巨塔を見て。


将来の夢は「医学部教授」だったもんな。


完全な妄想レベル。


医学部に入った人間が将来の夢が医学部教授ということは許されても。


高校生じゃ、妄想しても良いけど。

口にしちゃいけないレベルだよな。


それは男性の競争は全部、選抜型だから。


教授になるのも。

社長になるのも。

プロ野球選手になるのも。

自分の店を持つのも。


競争して、そして勝ったものがヒエラルキーの上位に行く。


一方、女性のヒエラルキーは宝くじ型。


美人に生まれるのも。

金持ちから求婚されるのも。

子どもが産まれるかも。

旦那が浮気しないかも。


そこにあるのは運不運だけ。


若年層の自殺は女性が多く。

中高年の自殺は男性が多いのか。


何となく分かるよな。


女性は20代でヒエラルキーの上位にいないと逆転の可能性が少ない。


一方、男性は50代、60代でもヒエラルキーの上位に行く可能性がある。

その代わり、夢を持てる分駄目だったときは、男性の自殺者は女性の自殺者の2倍という圧倒的なリスクを背負わされている。


男と女の人生は、同じ人間でも全く違う人生だよね。