ちょっと待って欲しい。今の電力会社体制を何故前提とするのか。地域独占、電気料金はコストに利益を上乗せして決める総括原価方式のビジネスモデル。競争原理は働いていない。電気料金を認可するのも、これまた競争が働いていない役所。今の電気料金は、コスト抑制の原理が全く働いていない。

現在の地域独占体制を廃止する。発電と送電を分離する。新規参入をどんどん促す。その中で新しい知恵、イノベーションが生まれるはず。安定の名の下の既得権保護は最悪。危機を乗り越える知恵やイノベーションは新規参入者から生まれる。今までのやり方しか知らない者は、今のやり方を継続しようとする

市場原理を歪めて電力会社が無条件に儲かる仕組みを作り、その見返りにリスクある原子力発電所を任せる。日本お得意の皆が言い訳する無責任体制の典型。通常の電力供給に関しては市場原理で競争に晒す。本当に原子力発電が必要なら、地震国日本にあっては国直轄でやるべきだろう。それが公の責任。


橋下知事のつぶやき。

橋下府知事と福井県知事のこの夏のチキンレースは本当に見物だね。日本の経済損失が100兆円単位で上下するような面白いゲームが盛り沢山だよ。この夏は。

やっぱり大阪の政治家って本当に馬鹿だな。福井県知事は、彼らが謝罪に来るまで、原発の再稼働は断固拒否した方がいいと思う。大阪にはソーラーで自家発電してもらえばいい。 > 大阪市の平松市長が「脱原発」表明:日経 http://t.co/rN7uuer

法律とかに詳しい文系のエリートの人たちは、論理的思考力もあるし、弁も立つんだけど、エンジニアリング的センスがぜんぜんないから、ソーラーで原発置き換えるみたいな、致命的な思い違いになかなか気がつかなくて、見ていて面白い。


藤沢数希氏のつぶやき。

橋下知事の言っている事に、何の論理的破綻はない。

電送分離して、そして足らない部分は国の管理にて原発っていう橋下知事のつぶやきは正しいと思う。

そして橋下知事は文系的な頭の悪さで、イノベーションが起きると思っている。

イノベーションなんか起きないって。

電送分離を実現するのも無理でしょう。

公務員改革が出来ないのと同じで理屈で。

関西圏は、せっかくのチャンスを橋下知事の政治的センスの悪さで潰したという藤沢数希氏のつぶやきは正しいと思うな。

ちょっと話はずれるけど、ソフトバンクの禿のセンスの良さ、勝負強さは半端ないね。

橋下知事のようなエリート文系馬鹿をだまくらかして、巨大な補助金ビジネスを完成させようとしている。

ソフトバンクの禿のスケールの大きさは、ホリエモンとは全然違う。