女子ワールドカップでのなでしこジャパンの優勝。

おめでとうございます。

試合は見てませんでしたが、その後は何度も何度もゴールシーンとPKシーンが放送されています。

テレビ局側が美談にする為に、編集しているんだろうけどさ。

後半の中盤での先制点を許し。

それを追いつく。

延長でのアメリカの得点を許し。

残り時間あと僅かで澤の得点で追いつく。

その後、PKで日本が3−1で勝つのですが。

この中の一番美しい奇跡は。

澤のニアへのコーナーキックからの足先で合わせて方向を変えたゴール。

アメリカのディフェンダーはシッカリ守っていて、澤が振り切ったわけではない。

あのゴールは、澤の技術をもってしても100本に1本決まるか決まらないかの奇跡だったと思う。

今、澤選手はサッカーの神様の存在を意識しているだろうな。

長嶋茂雄の天覧試合での村山から打ったサヨナラホームランを思いだした。

どちらもリアルタイムでは見てませんけど。(年代が違うのでね)

美しい奇跡は、時間と共に伝説になる。

でも、今回のアメリカ戦は多くの日本人が日本チームが勝つと思っていたんじゃないのかな。

過去に25戦で1勝も出来てないのに。

試合の前から、神の舞い降りてくる雰囲気があったよね。

追伸

なでしこジャパンって何で全員ブスなんだろうな?

過去のなでしこジャパンには、それなりに可愛い選手もいたけどね。

澤選手の過去のいじめの話とか。

福島原発事故の東電の社員が二人いたとか。

今回の美しい奇跡の影に、そこまでやるとリアリティーがなくなるよと思わせる演出家がついているようです。