NHKの番組で、「ヒロシです」のヒロシが子供向けのお金も番組をやっていた。

そこで奨学金について、20代前半の女性が出てきた。

大学進学時に、両親と学費は奨学金で賄うと決めた。

その額は、月に10万で4年間で480万。

利子がついて、550万を20年間で返済する。

月に2万2千円ほどの返済になる。

毎月の給料から返済していけば、それ程大変だとは思わず。

大学時代の4年間はバイトなどに時間を潰すこともなく、とても役になったけど。

就職氷河期で、正社員になれずに月に10万ぐらいの収入の中から2万2千円を返済することはとても大変だと言っていた。

奨学金の趣旨は、優れた学生で経済的理由により修学困難な学生に対して、学資等の貸与を行うことにより、国家および社会に有為な人材の育成に資するとともに、教育の機会均等に寄与することを目的。

考え方が古いと言われても、これが奨学金の趣旨だって。

正社員にもなれない人間に対して、奨学金を何?と思う。

偏差値50ぐらいの大学で、合コンとかで遊んでいた奴に奨学金を渡す必要はないと思う。

大学全入時代の今、奨学金の趣旨に戻り。

優れた学生と言う部分に立ち返る必要があると思う。

優れた学生とは、最低でも早慶か国公立レベル。

駅弁大学よりレベルの高い私立があることは事実としても。

経済的理由により修学困難なら、国公立に行けば良い。

奨学金制度という、かつて有効に機能していた制度が。

教育の機会均等という名目のもと、馬鹿に大学進学の機会を与え。

大学入試の持つ、人材の振り分け機構としての役割を意味のないものにしている。

NHKの番組を見てそう思ったよ。