先生ランキングで、 5479人中の275位で茶帯になった。


遊びで書いているだけだけど、段位が上がると嬉しいね。


子供の時に習い事ってやったことがないから分からないけど、水泳とか空手とかで級が上がっていくのってモチベーションを保つために有効な手段だと思う。


今でも時々思い出すことがある。


高3の5月の部活の引退試合後に、初めて受けた駿台模試で、偏差値35だったからな。


戸板女子短大も合格圏内じゃなかったよ。


学校の先生には、「お前はもっと出来ると思ったのに」と言われるし。


それまで家で勉強するという習慣がなかった。


勿論、中学生の時には塾にも行っていたし、高校の期末テストの時期は部活も1週間休みになるからその間は気合と徹夜で、学年で300人の学校で50番以下になったことがなかったんだけど。


でも開成とか筑駒のような本チャンの受験校と。

僕がいたような公立の準受験校とじゃ。


プロ野球と高校野球ぐらいの差があるんだな。


勉強してないから、受験の大変さが分からないし。

勝手に自分は早慶ぐらいには進学できるつもりでいたしね。


だからあの時戻ってきた偏差値35は今でも忘れられない。


俺の描いていた人生プランが壊れた音がした。


何の努力もしてないんだから自業自得だけど。


話を茶帯に戻して。


模試のたびに偏差値が上がっていったのは、楽しかったな。


ブログランキングも上がると嬉しい。


目指せ先生ランキング100位以内。


黒帯取りてえ。