女性的と言っている以上、女性のことだけを指しているわけでなく。


かつて男性的頭の悪さが国を滅ぼしそうになったこともあるんだけど。


いじめについての続き 内田樹

http://blog.tatsuru.com/2012/07/13_1032.php


教育は競争の装置である 池田信夫

http://agora-web.jp/archives/1473514.html


原発反対運動もそうだけど、内田樹のような女性的な頭の悪さが今日本を滅ぼそうといるな。


今の日本は、子供が小学4年生の子供がいる夫婦みたいなもんだよ。


子供にお受験をさせるのか、習い事をさせるのか、自由に子供の自主性を重んじるのか。


夫婦が議論している状態。


女性って、女性的な優しさを得た代わりに。


大局観と確率という概念をないした状態。


男性って、大局観と確率という概念を得た代わりに。


優しさや共存っていう概念をなくした状態。


こんな感じで使ってます。


内田樹のブログによると毎年200人も子供って自殺してるんだね。


でも毎年2万人自殺している男性の内、半分は経済的な理由で自殺しているわけだからさ。


競争はなくならないし、負けは死なんだからさ。


子供がいじめにあったら、即効で転校させて逃げるべきだと思う。


そして時間をかけて喧嘩という体力勝負でなく、自分の得意な分野で金という最も力があるものを得るための準備をさせてあげるのが親ができる唯一の方法だと思う。


いじめはなくならないよ。


いじめなんか人間の遺伝子レベルでプログラミングされているものなんでしょう。


戦争がなくならないのが、生き物の中で最も残虐で。


その残虐性が人間を生き物の食物連鎖の頂点にした遺伝子なんでしょう。


金こそ全ても読んでみて。

http://ameblo.jp/randtkikaku/day-20120717.html