今更ですが、いつの間にか9月ですね。

人間年をとると時間が経つのが早くなるとか、生活のルーチンワーク化(要するに新たな事をしない)が進むと時間が経つのが早いと言われます。

僕の場合は、光陰矢のごとく時間が過ぎていきます。

そして8月末は、なんちゃって会社経営の締め月になるので会計ソフトを弄くっている時間が増えます。

何も新しいことはやっていませんが、会社の売上は右肩上がりで増えていきます。

マネタイズが上手くなっているのですね。

経営者としての能力は全く上がっていませんが。

話を戻すと、8月は小学生の時、夏休みの宿題を8月25日ぐらいから必死にやっていた自分と全く同じで。

8月は必死に領収書、レシートを集める事にいつも難渋します。

普段の生活では、コスパ、能率っての重視して生活しているので無駄遣いはしないのですが、8月だけはいつも買わないような物を買うことが増えます。

そして買ったのが、windows phoneです。

結論から言うと、アンドロイドの代わりにはなりえません。


普段使いしている格安スマホの方が断然良いです。

ただ、windows phoneがandroidに負けているというよりアプリの数の問題だと思うので数年後には使えるようになっているかも。

その中でも、windows phoneの可能性としてOneDriveは良いかも。

メインのノートパソコンも、バイト先用のサブノートパソコンもwindows10にアップグレードしているんだけど、殆どOneDriveは使ったことがなかった。

でもwindows phoneを使うと、OneDriveを使いたくなるよ。

Office Lensとの相性もすごく良い。

windowsパソコン、windows phone、andoroid携帯がOneDriveでリンクする。

Dropboxと同じと言えば同じようなものだけど、windowsに組み込まれているものとApplicationとは使い勝手が違う。

あと期待していたContinuumという機能。

テレビに繋いでみた時は感動したけど、現実に使う場面が思い浮かばない。

あるとしたら、旅行先、主張先でパソコン環境がないところで、講演用のpower pointを作るぐらいかね。

出張にはノートパソコンを持って行くし、国内旅行ならノートパソコンを持っていく。

海外旅行の時に、ブログ更新するときに便利ぐらいの使い方しか思い浮かばない。

結論として今のwindows phoneは、ノートパソコンをよく使うサラリーマンの仕事用のバックアップ機として。

普段使っているandroidのバックアップ機としてがメインで、これ一本ってのは無理だと思う。

ポケモンGOも出来ないし。

それと俺が一番期待してた、LINEの同じ携帯番号でのアンドロイドとwindows phoneとの同時使いは無理だった。(アンドロイドとパソコンでは同じ携帯番号での利用が出来るから期待していたんだけど)

おわり。