スクリーンショット 2022-11-18 141734


ALSは良いよというブログを書いたことがあるけど医療のことは素人なのでゆるい整形外科医がなんとなく思ったことね。

整形外科医以外の先生もこのブログを読んでくれている先生がいるのでCPPの説明はこちらね。

大腿骨頚部骨折 CPP approachについて

股関節の専門の医者がTHAを前から入れたり後ろから入れたり横から入れたりしてどれが良いとかやっているのを学会では見聞きすることがあるけど。

風俗マニアがセックスの体位は何が優れているかみたいな議論で整形外科専門医の90%以上には関係ない話。

脊椎を専門にすればTKAもTHAも縁もゆかりもない世界になるわけだし。

だけど整形外科医として勤務医をやっている以上は大腿骨頚部骨折の治療から逃れることは出来ない。

逃れるためには開業医になるか、不動産投資でFIREする以外の選択肢はないからね。

整形外科医として10年選手ぐらいの医者にとっては人工骨頭置換術を数十年前からある通常の後方アプローチで梨状筋を切って展開するのか。

それともALSでやっていくのかCPPでやっていくかは結構整形外科医人生の分岐点になる重要な選択になると思うな。

結婚相手に女医を選ぶか非医者を選ぶかと同じレベルの差がある。

医療に関して素人の俺が言うのもなんだけど、昔ながらの後方アプローチで梨状筋を切っても関節包をしっかり縫合すれば脱臼しないって言っている時点で整形外科医失格なんだよ。
(爺医整形外科医がその手の話を言うのは良いんだよ。もう外科医としては既に終わっているんだから。それをこらからの10年一線でやろうって思っている若手医師が言う時点で終わりって話)

そう思っているならメスは置いて違う世界で医者として生きていったほうが期待値が高いと思うよ。

俺は医療に関して素人だからこれ以上はテクニカルな話はしないけど。

投資でもセックスでも結婚でもギャンブルでも同じだけど。

麻雀でいうとオリ打ちは駄目なんだよね。メンタルが削られる。
まず、オリ打ちとは何かと言うと、打ち手本人が「放銃したくない」と考え、自分の手牌の都合的には悪い選択をした結果、放銃してしまうことを言います。

人生が死ぬまで思い通りに行くことなんかあるわけないだろ。

トラブルが起きたときにどうリカバリーするかがその人間の価値なんだよ。

だけど失敗した時のリカバリーと言っても自分が最善手を打ってトラブルになったのと、オリ打ちではダメージが全く違うものになる。

独身医師で結婚相手は女医が最善手だと思っていたけど、その時点の総合的な判断で非医者と結婚したとするだろ。

その結婚相手がフェリス系女子だったり、ATM状態になったり、生まれきた子供が馬鹿だったら後悔するだろ。

結婚相手を女医でなくて非医者を選んだのも実際は自分自身が非モテだからなんけど、そういう自分の都合が悪いことは忘れるのが人間なんだよ。

ALSもCPPもない時代に後方アプローチで稀に脱臼してもダメージは受けないんだよね。

俺のブログの読者なら分かるだろ。女医なんか稀な存在の時代に非医者と結婚して子供が馬鹿でもそれほどダメージは受けないんだよ。(何代も続く開業医は別。それは家業だから)

ALSもCPPも容易に出来て、それでも人工骨頭置換術程度は通常の後方アプローチで十分じゃなねって言える若手整形外科医はそれで良いんだよ。

セフレの女医と相手側は凄く凄く結婚したがっていたけど、総合的に判断して非医者と結婚したヤリチン医師が子供が馬鹿でもそれほどダメージは受けないだろ。

そういうことだよ。

万が一まともな整形外科医が俺のブログを読んで、人工骨頭置換術に良いのはASLでもCPPでもなくて側方アプローチでとかはコメントを残すのは止めて頂きたい。

ご存知のようにゆるい整形外科医のブログは、医療を語るブログではなくて金とエロだけを議論する下賤の住人のブログですので。

おわり。